認知症になっても安心して暮らせる社会へ

MENU

ご寄付のお願い

あなたの想いが、認知症になっても安心して暮らせる社会づくりに貢献しま

 私たち、認知症の人と家族の会は1980年に結成し、2020年で40年となりました。47都道府県に支部があり、認知症の人やその家族同士をむすび、一人で悩むことがないよう、“つどい”(交流の場)、会報、電話相談を中心に活動しています。活動はボランティアで、介護家族、認知症の人、専門職が担っています。

 現在、1万人の会員が5千円の年会費を出し合っていますが、財源の2割程で十分ではありません。他の財源は国・自治体等の助成金や企業・個人からの寄付です。使途は“つどい”・会報・電話相談に5割、認知症の啓発活動に2割です。高齢化社会の進行に伴い、会の役割も大きくなっています。あなたの想いが、認知症になっても安心して暮らせる社会づくりに貢献します。ご寄付によるご支援をよろしくお願いします。

2020年7月 認知症の人と家族の会代表理事 鈴木森夫

財政の状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-6.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5.png

ご寄付は次のように役立てられます

税金の控除について

寄付のお申し込みと送金について


 生活様式や家族構成、価値観の多様化に伴い、財産を役立てる手法もさまざまになっています。遺言により財産の一部を相続人以外に渡す「遺贈」、相続人が故人の思いを汲んでの「相続財産寄付」、社会貢献の想いを託す遺言信託など、未来につなぐ気持ちを活かせるよう、さまざまなご寄付の相談を承っています。

詳しくは、事務局(電話:(050)5358-6580 Fax:(075)205-5104 メール:office@alzheimer.or.jp)までお問い合わせください。

ニュース:寄付金の所得税控除が有利に(2011年9月)

全国各地で、介護家族同士が交流する「つどい」、本人同士の交流会、啓発活動などが行われています。
「家族の会」は、認知症になったとしても、介護する側になったとしても、安心して暮らせる社会を目指しています。

電話相談 TEL 0120-294-456 10:00~15:00[土日祝、夏季・年末年始除く]携帯:050-5358-6578

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 1998-2020 Alzheimer's Association Japan. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.