研修講座のご案内

「家族の会」では専門職の方を中心に、杉山孝博先生(副代表理事、神奈川県支部代表)による研修講座を全国各地で開催しています。「目からうろこの講座でした。」「認知症を新しい視点で理解することが出来ました。」(アンケートより)など、皆様から大変好評をいただいています。 なお、実施にあたっては、地元の支部が担当していますので、詳細は各支部へお尋ねください。皆様のご参加をお待ちしています。

2021年度開催日程

2018年から、本講座受講で認知症ケア専門士の3単位が取得できるようになりました!

2020年度開催日程

「理解と援助」

  • 滋賀県大津市 ピアザ淡海 207会議室(2021年3月14日(日))[案内申込書] 

新型コロナウイルス感染症の影響で中止といたしました。今後の開催予定につきましては、改めてホームページ等でご案内させていただきますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

「医学講座」

「ターミナル講座」

  • 神奈川県大和市 渋谷学習センター2F多目的ホール(2021年2月21日(日))[案内申込書] 

新型コロナウイルス感染症の影響で中止といたしました。今後の開催予定につきましては、改めてホームページ等でご案内させていただきますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

講師紹介

杉山 孝博
「家族の会」副代表理事、神奈川・川崎幸クリニック院長

1973年東京大学医学部卒。81年「家族の会」神奈川県支部発足に関わり、現在は支部代表も務める。往診・訪問看護を中心にした在宅ケアに取り組み、「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」を考案、普及。グループホーム協会顧問や厚生労働省関係委員としても活躍中。

参加費

2021年オンライン講座は参加費が異なります。各開催案内の詳細にてご確認お願いいます。

一般:5,000円
「家族の会」会員:4,000円
学生:2,000円(当日、学生証をご持参ください)
税込み・資料代含む
正会員・賛助会員の団体については参加者1名のみ会員価格とさせていただきます。

開催研修

現在、下記の3種類の研修講座を実施しています。

認知症の理解と援助

(略称:理解と援助)
認知症に関わる専門職、行政職員、企業関係者を対象にした、認知症の知識から対応の仕方、最近の動きまでが系統的に学べる講座です。杉山Dr.がじっくり語ります。

高齢者介護・看護のための医学基礎知識

(略称:医学講座)
主に介護職や看護職を対象にして、現場で最も必要ですぐに役立つ認知症介護の医学知識を杉山Dr.が語ります。

ターミナルケア講座「介護・看護専門職のためのターミナルケア」

(略称:ターミナル講座)

2010年よりスタート。主に介護職や看護職を対象にして、現場で役立つターミナルの知識を杉山Dr.が分かりやすく語ります。

杉山Drの連載記事はこちら!

杉山Drの連載記事をご覧いただけます。

こちらをご覧ください。

杉山Drの知っていますか?認知症