1980年結成。全国47都道府県に支部があり、1万1千人の会員が励ましあい、助け合って「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指しています。

サイト内検索
最新の各地のつどい
全国の支部一覧
認知症を知ろう
提言・要望・主張
ああ認知症家族
杉山Drの講座と連載
国際会議開催に向けて寄付のお願い
電話相談
電話相談0120-294-456 無料電話相談 月~金10~15時
こどもむけホームページ
こどもむけホームページおばあちゃん、どうしたの
月刊ぽ~れぽ~れ
わたしたちも読んでいます
polepoleInfo
入会のご案内
ご寄付のお願い
更新:2017年4月25日
最近の更新内容
Twitter

家族の会の書籍

主に一般の書店で手に入るものを紹介しています。オンライン(Amazon)で購入が可能です。

ああ認知症家族(書籍表紙)

ああ認知症家族

-つながれば、希望が見えてくる-

  • 単行本(B6版): 176ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/7/16)
  • ISBN-13: 978-4000220668
  • 発売日: 2011/7/16
  • 定価: 1500円+税

購入はこちらから(Amazon)

■書籍紹介

いま、認知症の人は200万人以上。その家族の多くは、極度の辛さや、やるせなさから、絶望の淵へと追い込まれています。希望への道筋は、どこにも 無いのでしょうか? その問いに、本書の著者ははっきろと答えます。「いえ、有りますよ」と。では、どこに? それは、悲嘆にくれ、もがき続ける家族同士 がお互いにつながりを持ち、交流し、励まし合う中に、です。かつて失禁・異食などを繰り返す母を長く介護し、悩みぬいた著者は、その困難の中で「呆け老人 をかかえる家族の会」(現「認知症の人と家族の会」)を結成、今日まで31年、その代表を務めてきました。この「家族の会」は、認知症にかかわる当事者の 唯一の全国組織として、電話相談や研究集会、対行政交渉をかさねるとともに、情報交換や支え合いの広場となっています。

「ぼけても心は生きている」「がんばりすぎないけど、あきらめない」「百の家族があれば、百通りの介護」・・・。本書で紹介されるいくつもの合い言葉を知るだけでも、認知症の人と接する上で「目からウロコ」のヒントになることでしょう。

■著者紹介

髙見国生(たかみ・くにお)

1943年、福井県生まれ。京都府職員を経て、現在、公益社団法人認知症の人と家族の会(会員1万人、旧称「呆け老人をかかえる家族の会」)代表理 事。30代の時に、共働きをしながら、ぼけた母親(養母)を約8年間在宅で介護、その中で1980年、「家族の会」結成に参加し、以降今日まで代表を務め る。

死なないで!殺さないで!生きよう!―いま、介護でいちばんつらいあなたへ

介護の中で「死んでしまいたい」「殺してし まいたい」の瀬戸際で踏みとどまった「家族の会」会員から寄せられた生の声を届けます。

  • 単行本: 129ページ
  • 出版社: クリエイツかもがわ (2009/11/26)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4863420382
  • ISBN-13: 978-4863420380
  • 発売日: 2009/11/26
  • 商品の寸法: 21 x 15 x 1.4 cm

購 入はこちらから(Amazon)

提言 こうあってほしい介護保険

内容紹介

認知症への関心と理解がかつてなくすすむ時代。一方、本人と家族の困難と苦労は続き、暮らしそのものへの不安要素も増す、複雑な時代。「家族の会」が公表 した『提言』をめぐって、介護保険、社会保障のこれからを考える。

定価 1,050円

* 単行本: 79ページ
* 出版社: クリエイツかもがわ (2008/9/20)
* 言語 日本語
* ISBN-10: 4863420102
* ISBN-13: 978-4863420106
* 発売日: 2008/9/20
* 商品の寸法: 20.8 x 14.8 x 0.8 cm

購 入はこちらから(Amazon)

ブログ「認知症一期一会」―認知症本人からの発信

内容紹介
認知症本人からの発信 厳選100本のブログを掲載!2005年11月、ブログ「認知症一期一会」を立ち上げた著者が、2年間の「蟄居(ちっきょ)」を解 いて、ついに発言―

定価 1890円

# 単行本: 174ページ
# 出版社: クリエイツかもがわ (2007/10/15)
# ISBN-10: 490224487X
# ISBN-13: 978-4902244878
# 発売日: 2007/10/15
# 商品の寸法: 20.8 x 15 x 2 cm

購 入はこちらから(Amazon)

本人・家族が望む認知症の看護―ぼけても心は生きている

“本人と家族”の生の声を満載! 家 族の会が考える認知症看護の基本を理解するための解説、認知症の予防法・新薬の話題、全国の各支部から届いた“よい看護、悪い看護”の実例、会員となった 看護職だからこそわかる“認知症看護のツボ”など充実の内容です。認知症の看護に行き詰まったとき、打開するヒントがここにあります。

定価 1575円

# 大型本: 141ページ
# 出版社: 日本看護協会出版会 (2007/10)
# ISBN-10: 4818012890
# ISBN-13: 978-4818012899
# 発売日: 2007/10
# 商品の寸法: 27.4 x 21 x 1 cm

購 入はこちらから(Amazon)

若年期認知症 本人の思いとは何か―松本照道・恭子夫妻の場合

2005年6月5日・京都。「彼」は なぜ語れなかったのか、何を語りたかったのか…。松本照道・恭子夫妻の日常をルポ。認知症の人・本人が語る意味を考え本人の思いと心に寄り添うケアを探 る。主治医や関係者の座談会も収録。

定価 1,890円

# 単行本: 180ページ
# 出版社: クリエイツかもがわ (2005/11)
# ISBN-10: 4902244489
# ISBN-13: 978-4902244489
# 発売日: 2005/11
# 商品の寸法: 20.6 x 15 x 1.8 cm

購 入はこちらから(Amazon)

痴呆の人の思い、家族の思い

たとえ痴呆症状があっても、感情もあ れば、思いもあります。痴呆の人の不安やいらだち、怒り、喜び、やさしさを私たちが知ることからケアは始まります。ぜひ、痴呆の人のこころの声に耳を傾け てください。

定価 1,680円

# 単行本: 177ページ
# 出版社: 中央法規出版 (2004/02)
# ISBN-10: 4805824263
# ISBN-13: 978-4805824269
# 発売日: 2004/02
# 商品の寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm

購 入はこちらから(Amazon)

▲トップ ページへ戻る