1980年結成。全国47都道府県に支部があり、1万1千人の会員が励ましあい、助け合って「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指しています。

サイト内検索
最新の各地のつどい
全国の支部一覧
認知症を知ろう
提言・要望・主張
ああ認知症家族
杉山Drの講座と連載
国際会議開催に向けて寄付のお願い
電話相談
電話相談0120-294-456 無料電話相談 月~金10~15時
こどもむけホームページ
こどもむけホームページおばあちゃん、どうしたの
月刊ぽ~れぽ~れ
わたしたちも読んでいます
polepoleInfo
入会のご案内
ご寄付のお願い
更新:2016年6月13日
最近の更新内容

全国研究集会2016

全国研究集会2016

認知症の人と家族への援助をすすめる

第32回全国研究集会 in 長崎

認知症の人と家族を支える地域包括ケアって何だろう

~寄り添う 心で 支えあう~


日時2016年11月6日(日)

9:30~16:00

場所長崎ブリックホール 大ホール

〒852-8104 長崎市茂里町2-38

・JR浦上駅から徒歩5分
・路面電車・バス茂里町停留所下車徒歩3分


【テーマ】

認知症の人と家族を支える地域包括ケアって何だろう

~寄り添う 心で 支えあう~


【事例発表 公募要領】

●事例発表内容 下記の1~3に関連した実践や体験を発表してください。

1.地域で安心して暮らしていくための取り組み

2.地域の理解者を広げていく試み

3.介護保険制度改定後のわが町の取り組み

●発表者:立場や職種を問いません。どなたでも応募できます。

●発表時間:口述発表15分程度

●応募方法:発表の表題、趣旨(1,000字程度)、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号を明記して、郵便または、Eメールでお寄せください。

※選考結果については後日ご連絡します。

●応募先

〒602-8143 京都市上京区堀川通丸太町下る京都社会福祉会館2階

「家族の会」本部事務局「全国研究集会事例発表」係

Eメール office@alzheimer.or.jp

●締め切り:2016年6月10日(金)


【内容】

●講演:「地域包括ケアシステムが育てる“寄り添う医師のこころ”」

講師/長崎大学地域包括ケア教育センター 教授 永田康浩

●事例発表:公募による口述発表

●シンポジウム:地域の中で認知症の人と家族を支えるためには

~介護家族の体験をとおして考える~

●その他:展示コーナー


【会場地図】