オンライン署名:介護保険の負担増に反対します

2022年9月より、「家族の会」では、「介護保険の負担増へ反対する」署名活動を開始しました。
署名の方法は、「オンライン署名」または「書面による署名」のいずれかの方法でお願いします。

または、

署名する内容

■介護家族は、今も大きな負担の中で暮らしています

 コロナ禍は、介護のある暮らしを直撃しています。

 とりわけ、認知症のある人にとって、生活のリズムを整えるためにも、安定した介護サービスの利用が欠かせません。

 感染の拡大は、本人だけでなく、介護家族への負担も増大させています。

 また経済的にも、物価高が続く中、生活費に加え、介護保険の利用料だけでなく保険外の介護費用や医療費も重なり、さらに後期高齢者の医療費負担増も控え、不安が増大するばかりです。

■さらなる「負担増」が議論されています

 こうした厳しい介護環境に追い打ちをかける制度改正の動きが進んでいます。

 現在行われている次期介護保険法改正の審議では、前期に反対意見や慎重な意見があり、「引き続き検討を行うことが適当である」とされた項目が並んでいます。

 いずれも、利用者の負担増とサービスの利用制限につながるもので、到底容認できないものばかりです。

■介護サービスが「あっても、使えない」に・・

  私たちは、この制度がこれ以上後退すれば、「制度」はあっても「介護サービス」が使えないものになってしまうことを危惧しています。

 介護保険制度が、必要なサービスを提供し、介護のある暮らしを守る制度として、誰もが安心して利用できるよう、以下の項目を強く国に要望します。

<要望項目> 

  1.  介護保険の自己負担を原則2割負担にしないこと
  2.  要介護1・2の訪問介護・通所介護を地域支援事業に移行しないこと
  3. ケアマネジメントの利用者負担導入(ケアプラン作成の有料化)をしないこと
  4. 介護老人保健施設・介護療養型医療施設・介護医療院の多床室(相部屋)室料負担を新設しないこと

署名をする

「オンライン署名」または「書面による署名」のいずれかでお願いします。

または、

あなたも「家族の会」の仲間になりませんか?無料で資料をお送りします。