「認知症の人の家族支援に関する調査」への協力のお願い

今年度、「家族の会」では厚生労働省老人保健健康等増進事業の受託で、認知症の人の家族の支援に関する調査を実施します。

本調査では、家族が認知症と診断される前や診断後に相談できる人や窓口があったか、必要な情報を得られたか、また介護家族自身の趣味、関心事や、それらが継続できているかなどをお聞きします。

回答は10分程です。介護中の家族の皆様にはお忙しい時間の中でご負担をおかけいたしますが、家族が認知症と診断された後の支援についての実態調査をすることで、認知症の人とともに介護家族も自分らしく生きるために必要な支援を明らかにできればと思います。

本調査票は、現在介護中の方だけでなく、看取り終えた方でも回答いただけます。アンケートの回答締め切りは11月30日(火)です。

アンケートは無記名ですので、個人が特定されることはありません。また、回答は強制ではありません。調査・分析結果は「家族の会」において慎重に取り扱い、まとまった時点で、「家族の会」のホームページや会報ぽ~れぽ~れで紹介するとともに報告書作成や学会・論文報告などを行います。

回答をもって本調査にご同意いただけたものといたします。

アンケート回答フォーム:https://bit.ly/3CTil8O こちらをクリックしてご回答ください。 

回答期限 2021年11月30日(火)

あなたも「家族の会」の仲間になりませんか?無料で資料をお送りします。