1980年結成。全国47都道府県に支部があり、1万1千人の会員が励ましあい、助け合って「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指しています。

サイト内検索
最新の各地のつどい
全国の支部一覧
認知症を知ろう
提言・要望・主張
ああ認知症家族
杉山Drの講座と連載
国際会議開催に向けて寄付のお願い
電話相談
電話相談0120-294-456 無料電話相談 月~金10~15時
こどもむけホームページ
こどもむけホームページおばあちゃん、どうしたの
月刊ぽ~れぽ~れ
わたしたちも読んでいます
polepoleInfo
入会のご案内
ご寄付のお願い
更新:2017年5月2日
最近の更新内容
Twitter

世界アルツハイマーデー

山﨑奈保子さん(京都市、77)は3年前に診断されました。夫の良昭さん(76)と一緒に毎月の「家族の会」つどいに参加しています。良昭さんは「晴れ晴れし、介護の苦痛がどこへやら飛んでいくみたいです」と語ります。(山科川の遊歩道で)                   

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中 心にアルツハイマー病の啓蒙を実施しています。
わが国でもポスターやリーフレットを作成して、認知症への理解を呼びかけています。全国の支部が一斉に街頭での宣伝活動をしたり、「世界アルツハイマーデー 記念講演会」などを開催しています。

なぜ、9月21日なの?

1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

2013年度の取り組み

世界アルツハイマーデー2013

リーフレット

2013WADリーフレット (PDF、2.2MB)

2012年度の取り組み

世界アルツハイマーデー2012

リーフレット

2012WADリーフレット表面(PDF、1.6MB)裏面(PDF、2.4MB)

2011年度の取り組み

世界アルツハイマーデー2011

リーフレット

2011WADリーフレット(PDF、1.1MB)

関連情報

家族が「認知症ではないか」と心配しているあなたへ