つどいは知恵の宝庫~介護初心者の悩みに応える~

全国の支部で行われている家族の「つどい」。その中で出てきたいろいろな悩み。その悩みに応える形で、介護初心者の悩みにお答えします。会報ぽ~れぽ~れの人気記事の抜粋です。

同じ物ばかり買って冷蔵庫にたまり満杯です。どうしたらいいでしょう。

精神科に通院し、アリセプトを服用していますが、徐々に進行しているようです。ちょっと手伝ってやれば身の回りのことは自分でやります。困っていることは、毎日買い物に行き、鯵の干物と豆腐を買ってくることで、古いものを捨てようとすると「もったいない」と言って冷蔵庫は満杯状態です。相談者(夫 75歳)

介護経験者A:一緒に買い物を家事をしなければならないという思いと、長い間に身についた主婦としての生活経験からだと思います。買い物を全くやめさせることは納得させられることではありませんし、混乱をするだけです。一緒に行くようにして、買い物をする感覚を大切にしてください。外出はリハビリにもなります。

民生委員B:近所の人に認知症を知ってもらい協力を頼む地域の皆さんの見守りと協力が必要です。近所の方に同じものを買わないように「豆腐は明日のほうが安いですよ」などと声をかけてもらったらいかがでしょう。私の町内では、ご家族の承諾を得て町内会長さんが全戸600軒の皆さんに協力をお願いしました。

世話人C :お店の人に協力を頼む家族が気をつけると共に、周辺のよく行くお店に話をして協力していただく。また、返品できる品物についても確認したり、お金を持たないで来たときも、後で精算することなどを話しておくようにするとよいと思います。

ケアマネジャーD:地域包括支援センターに相談を困っていることを伝えておきましょう。買い物のことも地域包括支援センターからもお店に協力の依頼をしてもらうとより効果的だと思います。

介護福祉士E:料理に目を向けては食料品の買い物をする人は、調理をしたいという意欲がある人と思います。
サービスを利用してヘルパーさんに買い物から調理までを一緒にしてもらっては? いろいろな食材に目を向けていくようになるのではないかと思います。そして、作った料理をおおいにほめてあげてください。

介護家族F:人にあげたり、捨ててしまう ウチもそうでした。見ているところで捨てると怒るので、見えないところで、賞味期限の過ぎているものは捨てました。奥にあるものから一つか二つずつ捨てていけば減らなくても増えません。

医者G:長く続きません同じ物を買ってこられて大変ですね。でも一時的なことで長くは続きません。しばらく様子を見られてはいかがですか。