「家族の会」ではアンケート調査を実施しています。ぜひご利用ください。

ご協力のお願いを読む(クリックすると開きます)

認知症と介護に関するアンケート調査へのご協力のお願い

 日頃から認知症の人と家族の会(「家族の会」)へのご理解とご支援をいただき、心から御礼申し上げます。
 さてこの度、「家族の会」では認知症の人やその家族が安心して生活できる地域づくりを考えていく基礎資料として「認知症の人に対する意識調査」を実施することといたしました。
  認知症であっても住みやすい、やさしいまちづくりは厚生労働省も掲げているスローガンですが、まちで共に生活していくためには、様々な方々の認知症に対する意識も大きく関係するものと考えております。
  今回、一般市民の方々の意識調査を行い、それら意識をふまえた上で認知症の人、家族が安心して生活できる地域づくりの活動に活かしていきたいと思っております。そのような思いを汲んでいただき、お忙しいところ誠に恐縮ですが別添アンケート調査票にご記入いただきますようお願いいたします。
  アンケート回答の所要時間は10分程度です。お答えいただいた内容は,今後、認知症の人や家族が安心して生活できる環境を考えていく上での基礎資料とするもので、それ以外の使用はいたしません。また、アンケートは無記名ですので、個人が特定されることはありません。調査・分析結果は、「家族の会」において慎重に取り扱い、まとまった時点で国への報告、一般市民の皆さまに開示していきます。開示等を終えた後は、データ、用紙等一定期間保管したのち破棄いたします。
  なお、アンケートの回答と提出をもって調査に対する同意をいただけたものとし、アンケートへの回答を強制するものではございませんので、ご回答の意思がなければそのまま破棄していただければと思います。
 お手数をおかけしますが、どうぞご協力の程よろしくお願いいたします。

2019年9月吉日
公益社団法人 認知症の人と家族の会
代表理事 鈴木 森夫

お問合せ先
公益社団法人認知症の人と家族の会
調査・研究専門委員会委員長 原等子
事務局担当:鎌田、辻村
〒602-8143 京都市上京区猪熊通丸太町下る仲之町519番地 京都社会福祉会館
TEL:075-811-8195 FAX:075-811-8188
メール:office@alzheimer.or.jp

※ お手数ですが、2019年11月15日までにご回答ください。

※ お手数ですが、2019年11月15日までにご回答ください。
アンケートの回答と提出をもって調査に対する同意をいただけたものとし、アンケートへの回答を強制するものではございませんので、ご回答の意思がなければそのまま破棄していただければと思います。

1.あなたの年齢はおいくつですか?

2.居住地を教えてください。

3.性別を教えてください。

4.職業・他
(当てはまるものすべてにチェックを付けてください)

▼「㉒その他」の場合、具体的に。

5.今まで認知症の人と接したことがありますか?

6-1.「ある」・「少しある」と選択した方にお聞きします。
当てはまる質問にすべて〇を付けてください。

6-2.上記の①、②を選択した方におたずねします。
その認知症の人について、あなたは介護をしていますか(いましたか)?介護の場合は年数をお聞かせください。

▼介護年数:約~年

6-3.上記の③、④を選択した方におたずねします。
その認知症の人について、あなたは介護をしていますか(いましたか)?

7.以下、認知症の人のイメージ等についてお聞きします。

A:認知症は物忘れの病気だと思う

B:認知症は何度も同じことを聞いてくる病気だと思う

C:認知症は理解できない言動が出現する病気である

D:認知症は徘徊が出現する病気である

E:認知症は怒りやすくなる病気である

F:認知症になると身の回りのことができなくなる

G:認知症は予防できない

H:認知症がどんな病気かわからない

I:認知症の症状が出現するのは心身のバランスが崩れていることが原因だと思う

J:認知症は誰でもなりうる病気だと思う

K:自分が認知症になった時のことを考えることがある

L:認知症は周囲の理解がとても大切である

M:認知症の人も地域活動に参加したほうがよい

N:認知症の人と喜びや楽しみを分かち合うことができる

O:認知症は波があり、気分の良い時にはごく普通に過ごせる

P:認知症の人に対しては心のゆとりを持ち、話を聞くことが大切である

Q:認知症の人は戸惑いや不安な心境にあると思う

R:認知症の人は楽観的で困りごとは少ないだろう(何もかも忘れるので楽)

8.認知症の人を介護しているご家族に対する「イメージ」についてお聞きします。

a:認知症の人を介護している家族は、■身体的■負担が大きいと思う

b:認知症の人を介護している家族は、■精神的■負担が大きいと思う

c:認知症の人を介護している家族は、■経済的■負担が大きいと思う

d:介護者への手助けが必要である

e:認知症の人の介護には家族の努力が必要である

f:介護家族は認知症の介護を近所の人に知られたくない

9.認知症になったとき利用できる「介護保険サービス」のことをご存知ですか?

10.「認知症カフェ」という認知症ご本人、家族、地域住民、専門職等が交流する場所をご存知ですか?

11.「認知症の人と家族の会」という認知症ご本人、家族をサポートする組織をご存知ですか?

12.認知症サポーター養成講座を受講したことがありますか?

13.「認知症の人と家族の会」の活動に何を希望されますか?(自由記載)

その他何かございましたらご記入ください。

アンケート入力へのご協力ありがとうございました。
上記の送信ボタンを押してください。

※ お手数ですが、2019年11月15日までにご回答ください。
アンケートの回答と提出をもって調査に対する同意をいただけたものとし、アンケートへの回答を強制するものではございませんので、ご回答の意思がなければそのまま破棄していただければと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+