「家族の会」京都支部の会員で、医師の成本迅氏(京都府立医科大学大学院医学研究科)から、表記のシンポジウムの案内が届きました。ぜひご参加ください。

開催概要

日時 2019年7月6日(土)10:00~12:00
場所 京都学・歴彩館 大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-29)

内容

2025年には、高齢者の5人に1人が認知症を発症すると見込まれています。 超高齢化社会の先頭を走る日本においては、高齢者、認知症の人に身近なサービスを提供する企業も、認知症になっても安心して暮らし続けられる社会(“認知症にやさしい” 社会)構築の一端を担っています。 京都において異業種連携により “認知症にやさしい” サービスの検討を始めた企業が現在の活動を語ります。 みなさんも“認知症にやさしい” 異業種連携について考えてみませんか。

第1部 トークセッション

人生100年時代を生き抜くためのサービス開発への期待

第2部 パ ネル ディスカッション

異業種連携による“認知症にやさしい”サービスの検討と実践
定員:400 人
詳細はチラシ(PDF)をご覧ください