日時:2018年9月16日(日)
13:00~16:00

会場:東京都医師会館2階講堂

定員:300名【参加費無料】
※どなたでもお気軽にお越しください。

公益社団法人認知症の人と家族の会をはじめ、認知症に関わる全国的な組織活動を展開している4つの当事者団体で組織する「認知症関係当事者・支援者連絡会議」では、2018年9月にシンポジウムを開催します。

国立長寿医療研究センター研究所 柳澤勝彦所長よる記念講演「認知症 これからの予防・診断・治療」のほか、様々なケースの認知症のご本人とご家族・支援者が、それぞれの現場の思いや生の声を、ビデオメッセージやリレートークで紹介し、「当事者とは ~本人の思い、家族の思い~」というテーマで語り合います。

ご家族の介護で悩まれている方、研究をされている方、仕事や職場で認知症患者やご家族と関わっていらっしゃる方、自分にできることを探していらっしゃる方。どなたでも、どうぞお気軽にお越しください。

ぜひ、一緒に考えましょう。

詳細と申し込みは、「認知症関係当事者・支援者連絡会議」から。
https://ninchisho-renrakukai.com/about/event/event1/index.html