世界アルツハイマーデー記念講演会2018 京都地域包括ケア府民講座

認知症の人と家族のいのちを守る

認知症の人と家族のいのちを守る

日時2018年9月8日(土)13:00~16:30(12:30開場)

場所立命館大学朱雀キャンパス 5階大ホール
(JR「二条駅」下車、徒歩2分)

 

チラシのPDFをダウンロード(2.0MB)

 

■基調講演

認知症の介護と家族支援のあり方(仮題)

日本福祉大学教授 湯原悦子氏

認知症の介護における心理状況、特に孤立する介護者の抱える課題について、また家族支援の必要性などをわかりやすくお話しいただきます。

■シンポジウム:「みんなで考える認知症の人の自動車運転」

高齢者の自動車運転、とりわけ認知症の人の自動車運転が注目を浴びています。制度と実状、マスコミ報道、本人と家族の思いを考えます。警察庁の有識者委員、医師、免許を自主返納した方や介護家族など、様々な立場から発言します。

参加申し込み

定員:400人

参加費:1,000円(会員500円)(税込)

参加申し込み

下記の申し込みに必要事項を記入してお送りください。

お名前 (必須)

区分

(会員の場合)会員番号

郵便番号(必須)

住所(必須)

宛先内容

性別

電話番号(必須)

メールアドレス

電話番号(必須)

メッセージ

▲正しく送信できた場合は、上記にメッセージが表示されます。