2018年度世界アルツハイマーデー第25回記念イベント
「認知症メモリーウォーク・きょうと」企画書

「家族の会」では、2018年9月に、世界アルツハイマーデーを記念して、メモリーウォークを実施します。

千葉県支部で行われたメモリーウォークの様子

Ⅰ.事業要旨

認知症の理解と病気に対する社会への啓発などを目的として、行政、作業療法士会等、関係機関、企業の協力を得て、「メモリーウォーク」(パレード)を実施する。

Ⅱ.目的

1994年9月21日に世界アルツハイマーデーが制定されてから、認知症の人と家族の会は、毎年、認知症への理解と支援を求めて本部および全支部で記念講演会の開催や啓発リーフレットの一斉配布など全国的な活動を行っている。また、2012年からは京都タワーはじめ、全国各地の公共の建物を認知症支援のオレンジ色にライトアップする取り組みも行っている。
今年は世界アルツハイマーデー25回目を記念して、これまでの活動に加え、京都では認知症の本人・家族、支援者と共にメモリーウォークを京都市内で実施し、広く一般の府民らにも参加を求めることで認知症に関する理解を高めることを目的とする。

Ⅲ.事業計画

1.メモリーウォークの実施

認知症の本人・家族、会員や企業、関係団体等の支援者が京都市のメインストリートをパレードし、認知症になっても安心して暮らせる社会のために、理解と支援を訴える。
合わせて、認知症の人と家族の会への協力、支援を求める。

  1. 日時:2018年9月21日(金) 15:00~18:00(予定)
  2. 行程:京都府庁前 → 京都市役所前 → 京都駅前 → 京都ライトアップ
  3. 距離:約5.5㎞
  4. 参加予定者数:100名
  5. 参加対象者:一般府民、認知症の人とその家族(介護者)、福祉・医療・保健関係者、施設従事者 等
  6. 参加費:無料(保険料は主催者負担)
  7. 協賛企業の社名やロゴの入った記念グッズを作成し、ノベルティとともに参加者に配付
  8. 雨天決行、荒天中止

※認知症啓発ライトアップ(京都タワー)について
世界アルツハイマーデーの啓発として、メモリーウォークと同日に京都タワーを認知症啓発のオレンジ色にライトアップをする。また、ライトアップにあわせて京都駅前(メモリーウォークのゴール地点)で啓発リーフレットを配布する。

2.ライトアップ

日時:2018年9月21日(金) 19:00~24:00
場所:京都タワー

3.リーフレット配布

日時:2018年9月21日(金) 18:00~19:00(予定)
場所:京都駅前イベント広場

Ⅳ.世界アルツハイマーデーとメモリーウォーク

9 月 21 日は「世界アルツハイマーデー」とされている。 1994年9月21日、WHOにおいて、「国際アルツハイマー病協会(ADI)」 (現在世界87カ国加盟・本部ロンドン) の加盟が公認されたこの日を記念し、世界中でアルツハイマー病の理解と啓発を目的に様々な活動を行っている。
諸外国ではこの日を中心にアルツハイマー病の理解と、病気に対する社会への啓発活動、チャリティなどの目的で、「メモリーウォーク」が盛んに行われてきたが、日本では当会千葉県支部が主体となり、ようやく2007年に初めてメモリーウォークを実施。その後、全国に広まっている。

Ⅴ.お問合せ先

【事務局】公益社団法人認知症の人と家族の会本部事務局
〒602-8143 京都市上京区猪熊通丸太町下る仲之町519番地京都社会福祉会館内
TEL:075-811-8195  FAX:075-811-8188
E-mail:office@alzheimer.or.jp

協賛・ご寄付のお申し込みはこちら