当会の高見国夫顧問が6月16日(土)に新潟県で行われた日本認知症ケア学会において、読売認知症ケア賞(功労賞)を受けました。「永年にわたり認知症のある人とその家族の心に寄り添い続けたこと、この高潔な活動が多くのものに希望をもたらし、行政政策をも動かす大きな力となったこと」が受賞理由となりました。
この賞は、「認知症ケアの現場において長年にわたり、認知症の人がもてる能力を最大に発揮できるように援助し、その自立と質の向上に努力・貢献をしてきた方(グループ、団体等を含む)」に与えられるもので、過去に、「家族の会」も団体として受賞(
2006年)し、中島紀惠子顧問(2008年)、長谷川和夫顧問(2009年)、中村重信顧問(2017年)をはじめ、関係者が受賞しています。

一般社団法人日本認知症ケア学会
http://www.chihoucare.org/