認知症になっても安心して暮らせる社会へ

MENU

投稿記事
  • HOME »
  • 投稿記事 »
  • »
  • 会報ぽ~れぽ~れ

会報ぽ~れぽ~れ

仲間と出会い話したい

今月の本人:「陽溜(ひだ)まりの会」参加のみなさん 2003年の秋、相談に来所された一組の60歳前半の介護者の夫と認知症の妻の夫婦。夫が相談する傍で、黙って一筋の涙を流す妻の姿に突き動かされ、男性介護者の集いの場の必要を …

Dr.中村の「暮らしのアドバイス」

Q.ふらついて困るのですが、どうしましょう。 身体がフラフラして困ると訴えられる認知症の人も多いようです。

会員さんからのお便り

介護者の緊急入院 岡山県・Mさん67歳 男 介護度5の妻と介護度2の母を在宅で介護している67歳の男性で

支部だよりにみる介護体験

認知症と向き合って…家族の思い 濱崎久夫(42歳) 母こと濱崎つや子は昭和2年生まれの82歳。認知症暦は約15年の大ベテラン。 この特別養護老人ホームで暮らすのはまだ2年という新入りです。その割に、母はここを自分の家と思 …

世界アルツハイマーデー2009

広がる参加者 全国で元気一杯街頭活動 届け本人の思い家族の思い! 届け本人の思い家族の思い! 9月21日は世界アルツハイマーデー。この日を中心に44支部が96カ所で街頭活動を行ない、およそ1,800名の方が参加しました。

会員さんからのお便り

349号( 8月号)の「ぽ~れぽ~れ」を読んで 「つどいは知恵の宝庫29」 大阪府・Gさん 女 「自分でご飯を食べられなくなられたご主人のこと」。私も同じような経験をしました。

私が望む社会保障の姿と負担のあり方

「高福祉応分の負担」を考える 今回は、鹿児島県支部世話人(介護家族) 中村知敏氏 ■ 世界第2位の経済大国に見合う社会保障を

つどいは知恵の宝庫

苦しみを誰にも話せません。 どうしたら良いでしょうか? 母は81歳、要介護2、認知症があります。私の気持ちを理解してくれる人がいるでしょうか。苦しみを誰にも話せません。疲れました。

仲間と出会い話したい

今月の本人: 千葉県支部の若年のつどい参加のみなさん 千葉県支部では年に3回、若年のつどいを開催しています。

国際交流専門委員会ニュース No.1

「家族の会」国際交流専門委員会では、国際交流の情報を支部のみなさまへ出来るだけ詳しいものを、早く提供するために、この度、「国際交流専門委員会ニュ-ス」を発行することに致しました。

国際アルツハイマー病協会第20回国際会議・京都・2004

「家族の会」では、2004年、国際会議を開催しました。ここでは過去の資料を参考にお伝えします。(2010年作成)

アルツハイマー・ヨーロッパの電話相談

アルツハイマー・ヨーロッパの電話相談 「アルツハイマー・ヨーロッパの電話相談の手引き」 (Alzheimer Europe  Alzheimer Telephone Helpline Manual)より (社)家族の会が …

« 1 10 11 12
PAGETOP
Copyright © (C)1998-2018 Alzheimer's Association Japan. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.